ジープのレストア奮闘記

フレームしかない昭和46年式ジープの再生記。時間はあるがお金の無いボクがその形状すら残っていないジープを再生し、錆びて朽ちるよりも早くナンバーを取得し路上(路外)を走り出すことが出来るのか! ある意味チキンレース。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちゃんと出来たのに…。

トラブルに見舞われたり倉庫(テントとも言う)を建てたりして殆んど進んでいなかったリアのホーシングのマウントの加工を再開しました。

切り出したマウントの要らない部分の切除して新しく付けるJ26Hのホーシングに合わせて整形しつつ、しかも左右の二つのマウントを同じ形にしなければなりません。

強度と精度の両方を求められる部品です。恵まれていない環境下でどうやって加工しようかな…?と以前から考えてはいたのですがいい方法を思いつきました。

それは左右のマウントを綺麗に横並びにして隣り合っている部分を少しずつ削る方法です。左右のマウントは全く同じ形状なので、J26Hのホーシングに当てて現物との状況を確認しながらいろいろな方向に向きを変えて削って行けばなんとか精度も左右のマウントの形状を同じ形にする事も出来るのでは?と考えました。

仮に上手にカタチにならなかったとしても左右の形状は同じになるはずです。

で、実行して見ました。

そんなにうまく行く訳ないよな…きっとまたトラブルが在るに決まってる…。あーあ。

左右のマウントを綺麗に並べて固定中。
J3Rリーフマウント荒削り







それを削ると…。












出来ちゃった…。
J3Rリーフマウント錆未処理







出来ちゃった!現物に合わせてみたりデジタルノギスで寸法を計測してみたけど大丈夫みたい!

軽く面取りしてRS-R1000と言う超強力錆取り剤を使って錆処理する事にしました。
RS-R1000







ここら辺でトラブルがあるんだよきっと…はぁ…。












錆処理終了。
J3Rリーフマント処理済







おおお!また出来ちゃった!RS-Rって凄い!かなり感動中です!

感動したままマウントに仮の錆止め処理をして後片付けして作業を終えました。今日もトラブルは一つもなかったよ!









……なんだろう…凄くうまくいったのになんだか物足りない……。



にほんブログ村 トラコミュ ジープへ
ジープ

にほんブログ村 トラコミュ レストアへ
レストア

人気ブログランキングへ



スポンサーサイト

倉庫新築。

露天で作業してるとはいえ工具類は濡らしたくないものですし、電動工具やエアツールは絶対に濡らしたくないです。そこでボクは小さな倉庫を作業場に置いてその中に工具類を入れています。しかし最近になって傷みが激しくなり雨漏りが酷くなってしまいました。換気性能が向上して中で発電機を作動させても大丈夫な程です。

そう言う訳で近所のホームセンターに行って格安で売られていた倉庫を買ってしまいました。

一辺200cmの正方形で高さは160cm。今使用している倉庫とほぼ同じ大きさです。売価はなんと3990円!

旧倉庫を床面を残して解体して中の工具を搬出してから床面を撤去。それから旧倉庫と同じ場所に新倉庫を組み立てました。
旧倉庫の傷んだ原因はどうも紫外線のようで、日光がよく当たる場所が酷く傷んでいました。そこで新倉庫を組み立てた後、安定させるために重石になるくらいの工具類を搬入してから紫外線対策のシートを被せたり比較的頑丈そうな旧倉庫の床面を屋根に被せたりして紫外線対策を施しましたがこれは将来的には雨漏りの防止にもなりそうです。

めでたく紫外線対策済みの倉庫が完成しました!ヤッター今日は何のトラブルもなかったよ!















旧倉庫。抜群の換気性能。発電機の排気管は完全に室外にあります。
テントが破れた









新倉庫。
テントが建った









紫外線対策済み新倉庫。
ホームレス風













ホームレスかよ…。



にほんブログ村 トラコミュ ジープへ
ジープ

にほんブログ村 トラコミュ レストアへ
レストア

人気ブログランキングへ



二度あることは一度もあって欲しくない。

新旧ジスク








忙しかったり天候が悪かったりして中々作業が出来ませんでした。が、久しぶりに晴天に恵まれた暇な日だったので作業場へ向かいました。

前回はサンダーが壊れてしまい殆んど作業が出来ませんでしたが、既に新品を購入してあるので今回は新しいサンダーにデビューして貰います。よろしくねニューサンダー!

バラしたブレーキパイプの先端にトンボがとまったりしていて「秋だなぁ…」と感慨深くなったりしていい気分でしかも意気揚々と作業開始です!
とんぼ








チュイーン!!











…ニューサンダー死亡…。享年2分。短い付き合いになってしまった…。

使い始めて30秒くらいで熱を持ち始めそこから数十秒後には前回と同じ症状…。なんなんだよぅ!もう!

熱くなってしまったニューサンダーを冷やす間に前回壊れたサンダーをバラしてみました。
ジスクばらし








サンダーはその全長の殆んどをモーターが占めてます。そのモーターの軸受けにベアリングが前後についているのですが、そのベアリングは本体に直接付けられているのではなくて樹脂製のスペーサーを介しています。前回はどうやらその前側のスペーサーが熱で変形してしまったようです。

つまり…。

熱でスペーサーが変形→モーターの軸がブレる→抵抗が増してもっと発熱する→以下繰り返し→最終的に樹脂製のボディごとゆがむ。

と、言うことだと思います。

今回はいきなり症状が出てしまった事から最初から軸がブレていたと考えられます(不良品)。購入元に交渉したところ1年間の保障期間内と言う事で新品に交換することが出来ました。

ハードに使用したり連続使用時間が長い使い方をするのであれば金属ボディのサンダーを選択すべきところですが、ボクの場合は経済的な理由で高価な電動工具には手が届きません。そこでもう一台安物のサンダーを購入し2台を交互に使うことによって連続使用時間を短縮することにしました。1780円也。

安物買いの銭失いとはこの事のようです…。



にほんブログ村 トラコミュ ジープへ
ジープ

にほんブログ村 トラコミュ レストアへ
レストア

人気ブログランキングへ



Top

HOME

Twitter Updates

    follow me on Twitter

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。