ジープのレストア奮闘記

フレームしかない昭和46年式ジープの再生記。時間はあるがお金の無いボクがその形状すら残っていないジープを再生し、錆びて朽ちるよりも早くナンバーを取得し路上(路外)を走り出すことが出来るのか! ある意味チキンレース。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

伸びたり縮んだりしちゃう。

勢いに乗ってトラクションバーの作業を続行します。

フレーム側のブラケットが(テキトーに)出来たので、ホーシング側のマウントを製作します。

ナロージープ用のスプリングシートを用意して…。
ナロー用スプリングシート







切断して…。
スプリングシート切断







それと鋼板を溶接して組み立てると…。










出来た!
ホーシング側トラクションバーマウント







さらにコイツをホーシングの中心に溶接してリアサスを全部仮組みしてみました。
リアサス完成その2







リアサス完成







わーい!やったー!完成だー!!










えっと…ショックアブソーバーで作ってもトラクション『バー』で、いいんだっけ?




にほんブログ村 トラコミュ ジープへ
ジープ

にほんブログ村 トラコミュ レストアへ
レストア

人気ブログランキングへ



スポンサーサイト

近い将来。

作業はボチボチ進めていましたが、オチになるような出来事が無くてブログの更新が出来ませんでした(オチが無いとブログの更新は出来ないモノなのか?と言う点についてはトモカクとして&今回オチはあるのか?と言う点もトモカクとします)。



今回はトラクションバーです。

よぅーし!やるぞー!!



……

どんな感じに配置するのか?とかアームの長さはどの位なのか?とか、どーすればいいのかさっぱり解らないんですが…。仮に解ったとしても工作段階でちゃんとした精度を出せる自信が全く無いし…。

どーしよー?





その辺に転がってるショックアブソーバーをゴムブッシュを介して取り付けよう!テキトーにヤッちゃってもいい感じに誤魔化せそうだ!

と、言うわけで妥協しまくりテキトートラクションバーの製作開始です!
先ずはフレーム側のブラケットを作ります。

コイツはJ26Hのスタビライザーの部品。
J26Hスタビライザー







コレをテキトーに切って、さらにテキトーに切断した鋼板をテキトーに溶接すると…。










こうなります。テキトー感まる出しです!
フレーム側トラクションバーブラケット







で、コレをフレームのテキトーな場所にテキトーにくっつけちゃいます!











トラクションバー フレーム側


トラクションバー フレーム側その2







わーい、スッゴくテキトーだ!バンザーイ!










…こ、こんなテキトーでホントに大丈夫かな?










ジープじゃ無くてボクの将来が…。



にほんブログ村 トラコミュ ジープへ
ジープ

にほんブログ村 トラコミュ レストアへ
レストア

人気ブログランキングへ



Top

HOME

Twitter Updates

    follow me on Twitter

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。