ジープのレストア奮闘記

フレームしかない昭和46年式ジープの再生記。時間はあるがお金の無いボクがその形状すら残っていないジープを再生し、錆びて朽ちるよりも早くナンバーを取得し路上(路外)を走り出すことが出来るのか! ある意味チキンレース。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一歩進んで二歩下がる。

リアアクスルの仮組みが完成したので、J26HのフロントのホーシングをJ3Rのフレームに移植する作業に手を付ける事にしました。

リアのホーシングはJ3RとJ26Hでスプリングシートの位置が全然違っていて加工が必要でしたが、フロントはほぼ同じ位置に見えます。ひょっとして無加工で付けられるかも!?だとしたら嬉しいなぁ!今日中に仮組みまで出来ちゃうかも!ワクワクするよ!

現物合わせで見てみる為に取り敢えずJ26Hからホーシングを外さなくちゃ。



あ、でもその前にやっておきたい作業があるんだった。

この倉庫兼部品取りのJ26Hは4個のウマ(リジットラック)で地面から少し持ち上げて保管してあるのですが、このウマを別の作業で使用したいのでブロックを積み上げてその上にJ26Hを置く事にします。
地面に直接置いた方が安定するのだけど、まだ下回りから取り外したい部品が多々あるので後の作業の為に持ち上げて置きたいのです。



ジャッキをフレームにかけて少し持ち上げてウマとブロックを入れ替えます。



ヨイショ、ヨイショっと。



「ズリズリ」



え?ズリズリ?何、今の音は?



ガッシャン!!!










え?
最低のスタック








ええー!?
最悪のスタック









ちょっと倒れちゃった…。










本日の作業。リカバリーのみ。



にほんブログ村 トラコミュ ジープへ
ジープ

にほんブログ村 トラコミュ レストアへ
レストア

人気ブログランキングへ



スポンサーサイト

Top

HOME

Twitter Updates

    follow me on Twitter

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。