ジープのレストア奮闘記

フレームしかない昭和46年式ジープの再生記。時間はあるがお金の無いボクがその形状すら残っていないジープを再生し、錆びて朽ちるよりも早くナンバーを取得し路上(路外)を走り出すことが出来るのか! ある意味チキンレース。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

穴があったら…いや、穴なんてあって欲しくない。

一応の完成を見たリアのアショックマウントに続いて、フロントのショックマウントの作業に入りました!

位置を決めて。
Fショックマウント位置決め中



仮組みして。
Fショックマウント作業中



これはタワーバー(の様なモノ)。
Fショックマウントタワーバー



完成!
Fショックマウント完成



気合いを入れた割にはあっさり完成しちゃった!リアの作業を経験してるし、その時にフロントの事も考えながら作業してたしね。余裕ジャン!







次はボディの加工の予定だし、作業に入る前に状況を確認しておこうっと!



あれ?ひょっとしてヤバい?
ダメそうなボディタブ



コレはヤバい。腐ってやがる。
ダメだったボディタブ



幾らノンビリ屋のボクでもこの状況がヤバいのは理解できる。でも本当は「傷んでるだろうな」って予想していたんだぜ!




















既に解体してしまった他のボディより傷んでる。と言う事までは予想していませんでしたが。



にほんブログ村 トラコミュ ジープへ
ジープ

にほんブログ村 トラコミュ レストアへ
レストア

人気ブログランキングへ





スポンサーサイト

Top

HOME

Twitter Updates

    follow me on Twitter

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。