ジープのレストア奮闘記

フレームしかない昭和46年式ジープの再生記。時間はあるがお金の無いボクがその形状すら残っていないジープを再生し、錆びて朽ちるよりも早くナンバーを取得し路上(路外)を走り出すことが出来るのか! ある意味チキンレース。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

逆ネジには気をつけろ!(正ネジも)

遂にこの日が来ました。

リアホーシングの組み付けです。リアショックアブソーバーの位置決めの為の仮組みですが、ここが上手に行かないとどうしようもない状態になりそうです。。
前回忘れてしまったロック付きのホイールナットの鍵もちゃんと持って来たし…。今日はヤルぜ!

部品取りのJ58からリーフスプリングを外して、レストア中のJ3Rのフレームに取り付けます。
まずはホイール外してっと…。ジープはトラックみたいに左側のホイールナットは逆ネジになっています。気を付けなきゃ…間違えて正方向にボルトを力一杯まわしちゃったら捩じ切れちゃう。ブレーカーバーを使うしね…。

ホイールを外したらリーフスプリングとホーシングを接続してるUボルトを外します。

ん?目茶苦茶固いぞ…過酷な環境に置かれているボルトナットだし錆びついてるのかな?こんな事なら前回CRC5-56吹き付けておくんだった。今は力一杯回してみるしかないな。グイグイ。









バキ!



あ~あ折れちゃったよ。よっぽど錆が酷かったんだなぁ…。
折れたUボルト








違いました。

間違えて逆方向にボルトを力一杯、しかもブレーカーバーで回しちゃいました。Uボルトが逆ネジな訳ないのに…。何やってんだろ…。

その後は思いのほかスムースに作業は進行してあっさりリーフの仮組みは終了。
リアアクスル仮組み中









この状態でショックアブソーバーの位置決めをします。
一応最初に考えた八の字配置の感じも見ておこうっと!










ボクが最初に考えたショックアブソーバーの配置は、ストロークがどうこうとかトラクションがどうこう以前に「絶対に付けられない」事が判明!
変える事に決めておいてよかった!









どんだけ労力を無駄にしてんだよ…。



にほんブログ村 トラコミュ ジープへ
ジープ

にほんブログ村 トラコミュ レストアへ
レストア

人気ブログランキングへ



« 寄せて上げる。|Top|ノリノリ。 »

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://1971jeep.blog92.fc2.com/tb.php/12-b1d5f283

Top

HOME

Twitter Updates

    follow me on Twitter

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。