ジープのレストア奮闘記

フレームしかない昭和46年式ジープの再生記。時間はあるがお金の無いボクがその形状すら残っていないジープを再生し、錆びて朽ちるよりも早くナンバーを取得し路上(路外)を走り出すことが出来るのか! ある意味チキンレース。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ノリノリ。

リアホーシングマウントの溶接と接合部分の肉盛りが終了したので、ホーシングの「J26Hとしては必要だけどJ3Rに取り付けるのなら必要ないよ」って箇所の部品をサンダーで切除しました。それと肉盛した部分の整形も。

手順としては先に要らない部分を切除して、その後で必要な部品を取り付けるほうが空間を広く取れて作業し易いです。でも今回は新造する部品の位置決めの目安として必要だったので後回しにしました。

と言う訳でちょっとやりにくかったけど何とかリアホーシングマウントの溶接は完成!
わーい!出来たよ!この勢いで今日はガンガン作業を進めるぜ!
Rホーシングマウント完成








J3Rのフレームの下まで移動してフレームから吊り下げてみる…。
フレームとRホーシング








熟考しただけに、マウントの場所は完璧っぽい!
いい感じだ!どんどん次にいくよ~!

リアのリーフスプリングを部品取りのJ58からJ3Rに付け替えなきゃ。頑張るぞ!










まずは部品取りJ58のリアホイールをはずさくちゃ!気合入るぜ!
J58ホイール(ロックナット)












……



………ホイールナットに鍵付きのロックナットが一つ付いてるんですが…。部品取り車の鍵なんて持ってきてないよ。て言うか無くしちゃったかも……。









本日の作業は終了しました(超ノリノリのまま)。



にほんブログ村 トラコミュ ジープへ
ジープ

にほんブログ村 トラコミュ レストアへ
レストア

人気ブログランキングへ



« 逆ネジには気をつけろ!(正ネジも)|Top|借りた。 »

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://1971jeep.blog92.fc2.com/tb.php/13-1ae506ad

Top

HOME

Twitter Updates

    follow me on Twitter

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。