ジープのレストア奮闘記

フレームしかない昭和46年式ジープの再生記。時間はあるがお金の無いボクがその形状すら残っていないジープを再生し、錆びて朽ちるよりも早くナンバーを取得し路上(路外)を走り出すことが出来るのか! ある意味チキンレース。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

買いかえた。

今回は前回切り出したJ26Hのリアホーシングマウントを、J3Rのリアホーシングに取り付けるために愛用のサンダーで綺麗に整形する作業です。
リアリーフマウント







まず倉庫にある発電機を換気出来る位置まで移動します。発電機って結構重いんだよね…ウンウン唸りながらも発電機の移動完了。
作業する場所と発電機の位置は距離があるので延長コードを引いたり、リーフスプリングマウントを近くにあったグレーチングにロッキングプライヤーで固定したりで今回は準備が大変です。
でも、綺麗なマウントを作るために頑張るよ!
サンダーの歯も新品に替えてっと…よーし!準備完了作業開始!!

ウィーン!
この段階ではまだ丁寧に削る必要が無いのでガンガン削っていきます。サンダーも頑張ってくれてます!

なんだかいつもより煙がちょっと多い感じ。ホーシングの内壁に付いてたグリス落としてなかったからしょうがないか…。

チュイーン!
ちょっとサンダーを持ってる手が熱くなって来た…。

ウィー…ガッガガガ……ガ…。
あ、あれ?サンダーのトルクが無くなって来たよ!わぁー!煙はグリスで起こってるんじゃない!サンダー本体で起こってるんだ!うぉお!凄い白煙だ!!お、おい!しっかりしろ!アチチチ!もう熱くて持てない!おーい!しっかりしろー!そっちに行っちゃダメだー!!!








…サンダー死亡…。

享年4歳。
ジスクサンダー







今日の作業時間。
準備15分。
作業2分。
後片付け17分。

(泣)



にほんブログ村 トラコミュ ジープへ
ジープ

にほんブログ村 トラコミュ レストアへ
レストア

人気ブログランキングへ



« 二度あることは一度もあって欲しくない。|Top|ジープのレストア失敗記 »

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://1971jeep.blog92.fc2.com/tb.php/19-618ec0bf

Top

HOME

Twitter Updates

    follow me on Twitter

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。