ジープのレストア奮闘記

フレームしかない昭和46年式ジープの再生記。時間はあるがお金の無いボクがその形状すら残っていないジープを再生し、錆びて朽ちるよりも早くナンバーを取得し路上(路外)を走り出すことが出来るのか! ある意味チキンレース。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

重さと暑さで軽く死にかけた。

悪天候と夏カゼをひいた為に作業が中断していました。

今日は前回途中までフレームから外したJ26Hのリアホーシングを取り外す作業です。
いやぁこれが重い!何度かバラした事のあるジムニーより重いのは当然としても(ジムニーはジープよりも軽量な車)、ナロートレッドのジープと比べてもワイドトレッドのジープのホーシングはかなり重いと思う。

それにしても今日は暑いなぁ…。

タイヤを付けてコロコロと転がして移動すれば重くてもあまり関係ないんだけど、スペースが狭かったりしてどうもそれはできなそう…。そこで簡単な台車を製作してそれに乗せて移動することにしました。素早く作業しないとJ26Hからホーシングを取り出す場所は通路になっているので誰かが通ったときに迷惑をかけてしまう(滅多に通らないけどね)。手際良く作業する為にも準備が重要です。

ホームセンターで台車用のキャスターを4個買ってきて、その辺にあったベニヤ板(建築の基礎製作の為の型枠に使われたと思われる)にインシュロックで雑に取り付けました。何も乗せていないのにもう切れそうです。
台車裏返し







ふぅ暑い暑い!今日はホント暑いよ!

台車を予めタイダウンベルトでボディに吊るしてあったホーシングの下に置いて、タイダウンベルトを緩めて台車の上に降ろすと…。
J26Hリアアクスル







「バツン!」

ホーシングが台車に着地すると同時に台車のキャスターを留めてあったインシュロックが数本切れました(当たり前)。
インシュロックを締め直して台車を移動しようとすると…台車がどんどん地面に埋まって行くんですが(泣)。
困っているボクを猛烈な吐き気と頭痛と腹痛が襲いました。なんか意識もちょっと朦朧とした感じだしこれは熱射病ってヤツか?しかし今ホーシングが在る場所はモロに通路。誰かが通ったらマジにヤバい、もの凄く迷惑をかけてしまう!

ヒィヒィ言いながらハンドウインチやタイダウンベルトを駆使してスタックした台車をなんとかJ26Hの下から引きずり出し、邪魔にならない場所に移動したところで大急ぎで近所のコンビニに突入。トイレを借りたついでに嘔吐もしてきました。

30分ほどコンビニですごして体力を回復させてから作業場に戻り後片付けして終了。

今日はちょっと死ぬかと思った。



にほんブログ村 トラコミュ ジープへ
ジープ

にほんブログ村 トラコミュ レストアへ
レストア

人気ブログランキングへ



« ジープのレストア失敗記|Top|狭いシャシー広いトレッド。 »

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://1971jeep.blog92.fc2.com/tb.php/21-97b00be4

Top

HOME

Twitter Updates

    follow me on Twitter

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。