ジープのレストア奮闘記

フレームしかない昭和46年式ジープの再生記。時間はあるがお金の無いボクがその形状すら残っていないジープを再生し、錆びて朽ちるよりも早くナンバーを取得し路上(路外)を走り出すことが出来るのか! ある意味チキンレース。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

失敗してた。

2b60c1e4.JPG







レストア作業をしようといつもの作業場に行きました。まずは前回の処理の確認です。

…なんか様子が変です。POR-15は発泡した状態で硬化しています。マイナスドライバーでほじってみるとグズグズ崩れてくる…失敗したみたい…。上手に出来たように見えるところも確認してみるとペローンって剥がれてくるよ!



完全に失敗しました(泣)。

失敗した原因としてはPOR-15を塗布した部分に水分が残っていた事。
どうやらPOR-15は既に錆びている部分にしかあまり有効でないらしい…(密着が悪くなる)。
プライマーの塗布のタイミングが早すぎた事。
等の理由が考えられます。と言うかこーゆー事は作業する前と作業中に考えるべきだと思います。
作業するたびに状態が悪くなってるような気がするんですが…。自分で自分の仕事増やしちゃってるよ…。

大急ぎで失敗した部分全てをサンディングしてエポキシ系錆止めプライマーを刷毛塗りし、それを乾燥させている合間にフレームの他の錆びている部分をPOR-15を塗布しました。

エポキシ系錆止めを乾燥させた後それを確認すると若干塗り残しがあるみたい…。

なんだかやる気をなくして早めに作業を切り上げました。



にほんブログ村 トラコミュ ジープへ
ジープ

にほんブログ村 トラコミュ レストアへ
レストア

人気ブログランキングへ



« 狭いシャシー広いトレッド。|Top|やっぱり辞めた! »

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://1971jeep.blog92.fc2.com/tb.php/23-05fdd55d

Top

HOME

Twitter Updates

    follow me on Twitter

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。