ジープのレストア奮闘記

フレームしかない昭和46年式ジープの再生記。時間はあるがお金の無いボクがその形状すら残っていないジープを再生し、錆びて朽ちるよりも早くナンバーを取得し路上(路外)を走り出すことが出来るのか! ある意味チキンレース。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やっぱり辞めた!

133307bc.JPG







前回書いたように、フレームの錆対策に手をつけた。「剥離剤でやる!」と言い切ったもの、サンディングで済むのなら出来ればそうしたいし剥離剤とサンディングどっちが効率よく確実に作業できるのかを見極めたくて取り敢えずフレームの後部左側を処理してみることにした。

剥離剤はPOR-15にも有効なのか?と言うことも検証したい。

剥離剤を一年以上放置したPOR-15の上にちょっとだけ塗布してみた。剥離剤の浸透を待つ間にそれ以外の部分をサンディング開始。

ガシュガシュ!

ウィーン!

チュイーン!

あーそう言うことだったのか!錆の進行は前回危惧したほど酷くない!錆びているのは表面だけだし、フレーム全体からすればたいした面積ではない。なにしろ驚いたのは錆びていない部分の塗膜の強さだ。なかなか塗装が剥けないし剥いた後の地肌も30年以上経ってるとは思えない綺麗さ!こんなに綺麗で塗膜も頑丈なら剥く必要ないじゃん!

で、先程POR-15に塗布した剥離剤を確認してみる。おおー剥離剤でPOR-15落ちてるよ!

結局フレーム後部左側をサンディングと剥離剤で全剥離して今回塗布するPOR-15用の下地処理をした。おもむろに新しいPOR-15を塗布しようと開封すると…。なんか銀色なんですが…?フレームなんだから黒いのを使おうと思ってたのに間違えて買ってきちゃったみたい…。かなり高価なものだしこいつは銀色が一番密着力が強いって話も聞いたことあるし…うーむ。やむを得ずフレーム後部左側は銀色になってしまいました。あーあ…。

しばしPOR-15を硬化させ半乾きの状態になったらプライマー用に錆止めスプレーを塗布…しようとしたんだけどまたしても黒がないよ…。建築っぽい赤茶色しか無い…。POR-15は完全硬化してからだとこれまた高価な専用のプライマーが必要らしいし…。…しかた無く赤茶色にスプレーしちゃいました…。あーあーあーあ…。

今度はフレーム後部左側は赤茶色になりました(泣)。






フレーム全剥離は辞めて部分的なサンディングで行くことにします…。



にほんブログ村 トラコミュ ジープへ
ジープ

にほんブログ村 トラコミュ レストアへ
レストア

人気ブログランキングへ



« 失敗してた。|Top|泣きっ面にハチ(とネコ)。 »

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://1971jeep.blog92.fc2.com/tb.php/24-627ae458

Top

HOME

Twitter Updates

    follow me on Twitter

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。