ジープのレストア奮闘記

フレームしかない昭和46年式ジープの再生記。時間はあるがお金の無いボクがその形状すら残っていないジープを再生し、錆びて朽ちるよりも早くナンバーを取得し路上(路外)を走り出すことが出来るのか! ある意味チキンレース。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やり直し。

明らかに失敗した「リーフスプリングにホーシングを固定するときの位置決めにするセンターボルトの穴(長っ!)」の処理のリカバリーをしなければなりません。

先ずはJ26Hのフレームから調度いい穴がある部分を切り出します。










こいつを前回失敗した部分の上から(車体全体的には下から)、J3Rのリーフスプリングの位置に調整して張り合わせて溶接します。画像にはありませんが板の中央部も穴を開けて2箇所溶接しています。


苦労しまくりだけど頑張るぜ!



溶接上達しないなぁ…。










それでも苦労しまくりのかいあって、ちゃんとくっつきました!

車高を板厚の分だけ損したり、強度的にどーなの?って事も考えましたがリーフとホーシングの間に挟むだけのキャスター調整用のシムが市販されてる位だし、さほど問題でもないでしょう!と言う事にします。



で、錆処理と下地処理です。
工具や手が入る場所じゃないので久しぶりにケミカルを使用しました。



手順としては…
塗装剥離→RS-R1000で錆除去→メタルレディで下地処理→POR-15塗布→エポキシ系錆止めプライマー→シャシーブラック
です。

ここでも苦労しそうだ!










POR-15硬化中










仕上げにシャシーブラック塗布!










やったー!何とか出来た!これでJ3RのフレームにJ26Hのフロントアクスルを吊ることが出来ます!ばんざーい!!










こんなに苦労するなら最初からJ3Rのマウントを移植すればよかった…。



にほんブログ村 トラコミュ ジープへ
ジープ

にほんブログ村 トラコミュ レストアへ
レストア

人気ブログランキングへ



« ボクは燃えているか?|Top|穴があったら縮小させたい。 »

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://1971jeep.blog92.fc2.com/tb.php/4-0d17cb22

Top

HOME

Twitter Updates

    follow me on Twitter

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。